【レシピ】カレンデュラオイルと蜜蝋クリーム



一年を通して、オーダーハウスメーカー三建さんの顧客様へのご案内と一緒に

HERVAがチョイスしたハーブの種を送付していただいています。



今回は、次々と鮮やかなオレンジ色のお花を咲かせてくれる"カレンデュラ"

育てやすく、花期も長いのでお庭や鉢植えにもおすすめです。

日本でもキンセンカという名で昔から切り花に使用させています。


昨年、我が家のお庭でも沢山お花を咲かせてくれました。(上記写真)




今日は、カレンデュラオイルを使ったみつろうクリームをご紹介します。

これからの季節には欠かせないクリーム。是非、おうち時間にお試しください。



秋に種を蒔いてもお花が収穫できるのは、もう少し先...。

すぐに作りたい方、育てていない方は、お近くのハーブショップでも購入できます。

ハーブティー用のカレンデュラ(ドライ)をご使用ください。





 


カレンデュラは傷を受けた皮膚や粘膜を修復、保護してくれるので

古くから胃潰瘍や黄疸、のどの炎症や傷、やけどに用いられてきました。


特に、カレンデュラの花びらを植物油に浸けて作られた浸出油、

カレンデュラオイルは中世のヨーロッパでも薬用軟膏として利用され、

今でも、赤ちゃんのおむつかぶれや湿疹、ちょっとした擦り傷、やけどなどのケアに使用し、

家庭にも欠かせないハーブのひとつです。







【カレンデュラオイルの作り方】             


材料:


植物油(ホホバオイルなど) 100g

   カレンデュラの花びら(ドライ) 15g

   瓶(清潔なもの)        120~150ml

   ガーゼやコーヒーフィルター


作り方:瓶にカレンデュラの花びら、植物油の順番に入れ蓋をする。

    (花びらが油に浸かるくらいが適量)

    明るい場所(直射日光が当たらない)に3週間ほど置く。

    ガーゼやコーヒーフィルターで花びらを濾し、できあがり。


※早めに使い切る。













【カレンデュラオイルと蜜蝋のクリーム】


材料:カレンデュラオイル 25ml

   みつろう      5g

   容器(耐熱) 消毒しておく



作り方:材料を容器に入れ、湯煎にかけて溶かす。

    軽く混ぜて、冷まし、固まったらできあがり。






※保存料を使用していませんので、冷暗所に置き、お早めにご使用ください。目安は2ヶ月(冬の時期)

※お肌に合わない場合は使用を中止し、医師にご相談ください。

※みつろうや植物油はアロマやハーブ雑貨屋さんにて購入できます。




摘みたての花びらは、サラダにかけたり、

焼き菓子の飾りにも使用すると綺麗です。




   


株式会社三建

https://www.e-sanken.co.jp/

       

参考資料:メディカルハーブの辞典 林真一郎(東京堂出版)